株式会社サンクス広島は、賃貸物件の原状回復・リフォーム・リノベーションのご提案から施工まで、トータルサポート!ご相談はサイコーサンクスへ。

サンクス広島は入居率を考える内装業者

0120-315-393

お問合せ・資料請求

ホーム>空室を埋めるには

空室を埋めるには

空室ができる理由

供給過剰化

今、広島市では賃貸物件入居率ワースト都市になるほど、「家余り」が深刻な状態です。これは広島市に限った話ではなく、全国的にも総世帯数が総住宅数を、年々上回り続けています。

ニーズの変化

世帯人口の減少に伴い、「部屋数が多い間取り」から、「広く開放的な間取り」を求める声が高まり、こうしたニーズに対応できていない物件は、借り手が見つかりにくいといえます。

建物の老朽化

下見客は来るが、成約に至らないという場合は、建物はもちろん、住宅設備機器の老朽化も原因の1つといえます。

高齢社会

段差の多い間取りや、すべりやすい浴室、使いにくい和式トイレなど、バリアフリー化されていない物件は、高齢者にもなかなか受け入れられません。

空室ができる理由の解決策

ハード面での対策

  • 供給過剰化→差別化を測る
  • ニーズの変化→現在求められているニーズに合わす
  • 建物の老朽化→リノベーションやリフォームをする
  • 高齢社会→高齢者対象の物件に変貌

ソフト面での対策

  • 周辺物件との敷金・礼金・家賃などの見直し
  • 契約時に家電や家具などを付ける
  • 契約内容の特典
    例)一定期間以上経過した場合家賃1ヶ月サービス 等

先頭へ戻る